便利な給湯器で暮らしをラクにできる|工事の依頼は業者にお任せ

給湯器

お湯にまつわる今後と工夫

給湯器

今後の市場拡大

給湯器の市場はほぼ成熟しており、生産ラインもほぼ横ばいとなっています。給湯器は現代の生活には不可欠な存在である分、既存の住居にはかなりの割合で給湯器が設置されています。さらに日本は少子高齢化が進んでおり、人口が減少していく傾向にあります。若者世代の減少に伴い、新築物件の需要も減っており、給湯器の市場が今後大幅に拡大していくという事は難しいでしょう。一方東京だけで見た場合には、事情は少し異なっています。日本各地で人口が軒並み減少している一方で東京では人口が増加しています。人口の東京一極集中が進んでいるとされており、地方から多くの人々が移り住んできています。こうした人々が東京郊外などに戸建て住宅を購入する例も増えており、給湯器の新築住宅への需要が高くなっています。東京への人々の流入は今後も続いていくと予想されるので、東京における給湯器の市場は今後拡大していく余地があると推察できます。

設置する種類を工夫する

世の中には多くの給湯器が出回っていますが、消費者にとってみれば正直どれを買ったらいいのか迷ってしまうかもしれません。実際、お湯を温めるために使用されるエネルギーでも、ガスや石油、そして電気などがありますし、それぞれのよい部分を合わせたハイブリッド式なんてものも存在しています。究極、お湯が出ればいいという見方もありますが、設置の際には給湯器の種類を工夫する事でメリットがあります。先述の使用されるエネルギーを例にあげると、ガスは最もポピュラーなエネルギーで、必要な量のお湯を必要分だけすぐに手にでき、それでいて省スペースです。石油はコストが現在のところ低く、パワフルな給湯が期待できます。電気式は排気が必要ないので環境負荷が少なく、長寿命というメリットがあります。デメリットもそれぞれあるので、大切なのは自分が暮らしている環境などから、最適なものを選ぶという事です。例えば東京であれば、省スペースという利点があるガスや、排気の無い電気式などが向いています。

市場動向と人気の機種

風呂

人口減少に伴って給湯器市場の拡大が見込めない中、東京では人口増加によって給湯器の需要も高いので、今後も拡大が見込めます。給湯器はその性能の違いによって地域ごとに人気の機種が異なります。東京では省スペースのガス式の機種が最もポピュラーです。

Read