便利な給湯器で暮らしをラクにできる|工事の依頼は業者にお任せ

インテリア

日常生活に欠かせないお湯

作業員

ポピュラーなのはガス

ご家庭で蛇口をひねれば暖かいお湯が出てくるのは、給湯器が水道水を温めてくれているおかげです。給湯器が無ければシャワーは使えませんし、洗い物も水が冷たくなる冬場はとても大変な作業になる事でしょう。そんな生活に欠かせない給湯器には使用するエネルギー源として、ガス、石油、電気などがあります。そうした中でも最もポピュラーなのが、ガス給湯器になります。ガス給湯器の特徴としては、一つに本体が小さめで省スペース化が図れるというところがあります。都市部を始めとして、マンションなど狭い住宅であれば、設置にスペースがあまりひつようないということは、大きなメリットです。また、スペースが小さいという事にもかかわってくるのですが、多くの場合ガス給湯器は瞬間式という給湯方法がとられています。そのため必要量のお湯を瞬時に得られるということもメリットになります。

給湯能力の違いを示す号数

給湯器にはそれぞれの機種によって、給湯能力が違います。給湯能力の違いは、湯船にお湯をためる時間や、シャワーの圧力などに違いを生じさせます。その給湯能力の違いは、号数としてそれぞれの機種に表されています。この場合、1号というのは「水温+25℃」のお湯を「1分間に1リットル」だせるという事になります。基本的に給湯器は10号以上から存在していて、28号くらいまであります。一人暮らしであれば16号程度で事足りますが、家族がいる家庭であれば、20号以上の給湯器が基本となってきます。号数が小さければそれだけ給湯能力は落ちますし、大きすぎればそれだけ本体の値段や燃料のコストがかかります。それぞれの使用状況に応じて、適切な号数を選ぶことが必要です。